商人祭り-お茶の紹介販売と寸劇

 |  |  | 0

 

 

「高知あきんどなび」の片岡です。

 

10月28日(日)に高知大丸前で「目指せ! 弥太郎 商人塾」の修了生達が「高知のお茶を知ってもらおう」と

「商人祭り」を開催しました。

 

お茶農家の修了生達は、日々研鑽し、作りあげた「こだわりの美味しいお茶」や地場産品を持ち寄り販売。

試飲や試食で賑わいました。午後には実行委員達の工夫と努力の結晶「お茶侍」が主役の寸劇もあり、

キッズには大人気!楽しいイベントとなりました。

 

 

古くは江戸時代、お殿様にお茶を献上していた高知県仁淀川町からは、

ビバ沢渡の岸本さん(左)は仁淀川の恵み「沢渡茶」や人気の沢渡の茶大福などの加工品、

池川茶業組合(右)の品原さんは池川一番茶のラインナップを販売。

 

国友農園の國友さん美味しいケーキやプリンとイチオシの「りぐり茶」を販売。

 

野草茶の香稜苑の土田さんです、珍しいお茶や飲み方をご紹介いただけました。

 

「山間屋」の中脇さんです。お茶だけでなくお米やお菓子もあり、お茶にはピッタリ!

 

「南国西川農園」の西川さん(写真左)、新鮮な野菜も出品して下さいました。美味しそうで食欲をそそります!

実行委員長のSAGA・坂本さん(右写真の左)、出店された皆さま本当にお疲れ様でした。

 

「高知のお茶」の品質がとても良いことは意外に知られていないようですが、この自然から生まれた

高知の本物味の「素晴らしいお茶」を日本全国で飲まれますよう心からお祈りしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です